July 07, 2013

*~七夕物語~*






    七夕・月の舟  

     
     *~七夕~*

   
    7月7日七夕の夜
   
    天の川を隔てて輝く

  わし座 の1等星アルタイル

     (牽牛星)彦星と

     琴座 の1等星べガ

     (織女星)織姫が

      一年に1度だけ

    逢うことを許された夜 .....



このお話は中国で生まれ
日本に語り伝えられた伝説です。

  060731_vega_s

中国で作られた「七夕伝説」の
原作では・・・

「織姫が、月の船
(上弦の月)に乗って
天の川を渡る」
とあります。

昔は「七夕」を昔の暦で
行っていました。

昔の暦とは「旧暦」「太陰暦」

月の満ち欠けをモトにした
カレンダーです。

旧暦7月7日。七夕の日は
新月から7日目。

南西の夜空には月齢6の、
上弦よりもやや細身の月が
天の川の西岸に輝いています。

上弦とは新月から満月に向かう
ちょうど真ん中の月で
夕方に見えるほうの半月
(朝方に見える半月は下弦)です。

上弦の月は、半月・・・
ちょうど「船の形」をしています。

tanabata3

上弦の名前の由来は、
月を弓に見立てた呼び方です。

沈むとき(日が変わるころ)に
その弓の弦が
上を向いているのです。

その月を舟に見立て、
上弦の月の笹の舟に乗り
彦星と織姫は
年に一度
会いに行くことができる…。

その舟が7日の夜には
天の川の西岸にあり

そして一晩か二晩かけて
東岸へと動いていくのです。

まさに天の川の西岸に輝く
織姫星をのせて
天の川を渡る舟と解釈できます。

七夕伝説のデートの夜が
旧暦7日に設定されたのは
本来は他の理由だったのかも
しれませんが

この月を舟に見立てたという理由も
あったのではないでしょうか。

月は、毎月
西から東へ
天球上を移動しています。

つまり「天の川」を西から東へ
横切っているのです。

月は、毎月
天の川を西から東へ
横切っていますが

上弦の月」の姿で
天の川を横切るのは
旧暦7月7日だけ

天の川の西には「織姫」
東には「彦星」がいます。

つまり

    一年に一度だけ

  船の形をした月に乗り

    織姫が天の川を

       西から

    東の彦星の許へと

    渡って行くのです




AstroArts:【特集】七夕- 七夕伝説 



【出典:livedoor沙羅様のBlog】


当該記事のトラックバックに失敗
致しました。従いまして,大変に
恐縮ながら,沙羅様の記事を
コピーペーストし,一部手を加え
掲載させて頂きました。_(_^_)_

学習不足で,誠に相済みません。
“ 陳謝 ”m(_ _;)m ペコリペコリ

沙羅様のBlogはとても素敵に構成
されておりますので,宜しければ
livedoorで検索をしご覧くださいネ!!
   


平成24年☆記事更新



彦星に思いを寄せ



(^o^)(^o^)








sakuyakarisuma at 00:17│Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote感じたまま在るがまま 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
  記事検索  ★
カテゴリ別アーカイブ★
  QRコード  ★
QRコード